★初回2980円定期コースお申込みはこちら★
30日以内全額保証でリスク0
2回目継続でトライアルセットがもらえる!


★1400円トライアルはこちら!★



年齢肌特有のシミ・しわ・くすみ・・・嫌ですよね。

特にシミやくすみは、今までどんな化粧品を試しても効果を実感できなかった、という人も多いのではないでしょうか。

 

実は美白化粧品の多くは、紫外線によるシミを防ぐ効果はあるものの、肝斑というシミへの効果はあまり望めないものが多いのです。

肝斑もシミの一種ですが、発生は女性ホルモンに関係していると言われ、通常のシミとは治療法も異なります。

そんな手強い肝斑に悩む人にお勧めなのが「ブライトエイジ」。

 

ブライトエイジはシミ・しわ・くすみ・ハリの低下などの改善に効果のあるエイジングケア化粧品です。

製薬会社大手の第一三共が手がけた医薬部外品のブライトエイジが他の化粧品と違うのは、「肝斑に効果がある」ということ。

 

他の化粧品ができないことがどうしてブライトエイジにできるのか?

シミが消えるという噂は本当なのか?

その真相が気になるところですよね。

 

そこで今回は、ブライトエイジでシミ・肝斑が消えるという噂について、その真相を突き止めるべく成分や口コミを徹底調査しました。

「このシミ、肝斑かな?」と思っている人、肝斑と普通のシミの見分け方もご紹介しますので、ぜひごらんください!

 

ブライトエイジが肝斑に効く秘密は「トラネキサム酸」!

ブライトエイジが肝斑に効くというのは本当なのか、まずその結論から発表します。

 

本当です!

 

その秘密は、配合成分の「トラネキサム酸」です。

 

トラネキサム酸はブライトエイジの開発に携わった製薬会社「第一三共」のオリジナル有効成分。

トラネキサム酸こそが、肝斑の予防や改善に働きかける画期的な成分なのです。

トラネキサム酸とはどんな成分でどんな風に肝斑に働きかけるのか、次から詳しくご紹介しましょう。

 

ブライトエイジに配合されているトラネキサム酸の力とは

抗炎症・止血の作用を持つトラネキサム酸

トラネキサム酸とは、人工的に合成されたアミノ酸で、炎症を鎮める効果・固まった血液を溶けにくくする効果などがあります。

この特徴を生かし、医療用として湿疹・蕁麻疹・外傷の治療薬や止血剤などで使われている成分です(医療用では「トランサミン」という薬品名で使用されています)。

怪我をして出血すると、すぐに血液は固まりますね。

実は血管の中でも血液が固まる現象は起こることがあるのですが、大きな血栓ができてしまうと血管が詰まってしまいます。

そうならないように血液を溶解させる働きを持つのが「プラスミン」というたんぱく質分解酵素です。

実はこのプラスミンは紫外線などの刺激を受けて活性化し、皮膚の炎症や肌荒れを起こす原因ともなっているのです。

トラネキサム酸はこのプラスミンを阻害する働きがあるため、抗炎症・止血の作用を持つ成分として広く使われているのです。

 

トラネキサム酸の抗プラスミン作用が肝斑に効く!

たんぱく質分解酵素プラスミンは、メラノサイトを活性化させる性質があります。

メラノサイトとは、シミの元となるメラニンを作り出す細胞のこと。

つまりプラスミンの活性化は、シミの増加につながっているということなのです。

トラネキサム酸は高プラスミン作用を持つため、シミの根本原因を絶ってくれます。

これが、トラネキサム酸がシミ(肝斑)に効くメカニズムです。

 

トラネキサム酸が年齢肌炎症の元をブロック!

トラネキサム酸は、その消炎効果によって「年齢肌炎症」に直接アプローチします。

年齢肌炎症とは、加齢・紫外線・摩擦などの刺激によって生じた肌内部の弱い炎症のこと。

この年齢肌炎症が元で発生した炎症性物質(トリプターゼ)が、ハリの低下・乾燥・くすみなどのトラブルの多くを生じさせていると考えられます。

また既にできている肝斑も、年齢肌炎症によって悪化すると考えられます。

トラネキサム酸はこのトリプターゼをブロックする働きがあるため、年齢肌炎症を抑え、肝斑にも有効に働きかけるのです。

 

トラネキサム酸は女性ホルモンへの作用はなし

肝斑の発生には女性ホルモンが関わっていると前述しました。

肝斑は妊娠・出産前後やピルの服用後などに多く発生すること、30〜40代に多く60代以降になるとほとんど発生せず症状も緩和される傾向にあることなどから、女性ホルモンとの関わりが指摘されているのです。

トラネキサム酸が肝斑に効くのは高プラスミン作用・消炎作用によるものであり、女性ホルモンに直接作用するわけではありません。

 

あなたのシミは肝斑?普通のシミと肝斑の見分け方!

シミは、紫外線などの刺激を受けた際、肌を守る作用としてメラニンが大量に作られ、ターンオーバーによって排出し切れなかったメラニンが残って色素沈着してしまうことで発生するものです。

若い肌は新陳代謝が活発なためターンオーバーによって古い角質がはがれ落ちシミができにくいのですが、年齢と共に新陳代謝の機能が落ちてくるとターンオーバーが乱れ、メラニンがシミとなって残ってしまうのです。

ですから紫外線対策はシミ予防のために重要なのですが、いくら紫外線対策をしていてもどんどんシミが増えてしまう場合は、女性ホルモンに関わりが深い肝斑なのかも。

普通のシミと肝斑は対策が異なるので、まずは自分のシミが肝斑かどうか見分けることが大切です。

そこで普通のシミと肝斑を見分ける方法についてご紹介します。

 

肝斑の特徴①:左右対称に現れる

肝斑は頬・口元・額などに左右対称に現れます。

普通のシミは、紫外線を多く受けた部分に現れるので、左右対称になることは殆どありません。

 

肝斑の特徴②:輪郭がぼんやりしている

肝斑は輪郭がはっきりせず、ぼんやりしています。

肝斑が大きいと、顔全体がくすんで見えることもあります。

目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることも特徴です。

 

肝斑は普通のシミと混在していることがよくあります。

上記の方法でもよくわからない場合は、肝斑と普通のシミ両方があるのかもしれません。

 

ブライトエイジで肝斑が消えたという口コミ

では実際にブライトエイジを使ってシミ・肝斑が消えたという口コミをご紹介しましょう。

 

(りゅうこうさん 40歳 女性)

アラフォーとなり美白を本気でしなくてはと思っていたところ、製薬会社さんが作ったブライトエイジの存在を知りました。

年齢肌炎症にはトラネキサム酸が良いとのこと。

私の肌も最近くすみがひどく、これは年齢肌炎症からきているものだろうと思い、ブライトエイジを試してみることにしました。

まず最初に実感したのはお肌のハリでした。

普段は美容に全く興味のない主人もきその変化に気づいたくらい。

そして約半月ほど使い続けたところ、肌のくすみが改善されていることに気づきました。

その時は子供が風邪をひいて寝不足が続いていたにもかかわらず、です。

トラネキサム酸は顔全体のくすみを取り除いてくれたようで、顔がパッと明るく見えます。

それと、数年前に口角炎が元で唇の両端が黒ずんでいたのですが、それが綺麗になくなったのです!

濃いシミが消えるところまではいきませんが、くすみや軽い色素沈着が消えたので効果十分だと思います。

 

(important405さん 40歳 女性)

肝斑があって今まで色々な美白化粧品を使ってきましたが効果が出ず。

小じわも気になって数々のハリ美容液を試すもやはり改善されず。

ニキビが出たら敏感肌用の化粧品に変えたり、あれこれ試してはやめて、の繰り返しでした。

ブライトエイジは、今まで使ったどんな化粧品よりも良かった!

肝斑が薄くなって顔がぐっと明るくなったのには驚き!

小じわも減って、ニキビも出なくなりましたよ!

化粧水と美容液のたった2ステップでこれだけの効果が出るなんてすごいです。

これからはブライトエイジ一本で続けていこうと思います。

 

肝斑は顔全体にくすみとなって現れることも多いもの。

ブライトエイジのトラネキサム酸が肝斑に働きかけ、「くすみが取れて顔が明るくなった!」と実感している人が多いことがわかりますね。

 

まとめ

ブライトエイジがなぜシミ・肝斑に効くのか、その成分の検証と口コミをご紹介しました。

ブライトエイジは「トラネキサム酸」という美白有効成分が配合されており、消炎効果で年齢肌炎症を抑える他、メラニンの生成を抑えてシミ・肝斑の改善に働きかけます。

肝斑の発生には女性ホルモンが関わっており対策が難しいとされていますが、トラネキサム酸は肝斑にも有効であるという点が他の美白成分とは異なっているのです。

 

あなたもブライトエイジによる肝斑対策で、明るく若々しい素肌を手に入れられるかもしれません!

ただし普通のシミも肝斑も紫外線が原因の一つとなっていることは確かなので、ブライトエイジで効果を実感できた後も日々の紫外線対策は忘れずに行いましょうね!



★初回2980円定期コースお申込みはこちら★
30日以内全額保証でリスク0
2回目継続でトライアルセットがもらえる!


★1400円トライアルはこちら!★